浮気されても泣き寝入りなんてしないために

浮気調査でドカーンと逆転爆発させて逆襲する方法

 

パートナーが一方的な離婚を要求してきた場合、あなたならどうしますか?

 

○なんで離婚したいんだろう

 

○一体わたしの何が不満なんだろう

 

○離婚したいほど好きな人ができたのかな

 

○これからの生活はどうなるのだろう

 

○子供たちはどうしたらいいのか

 

など、色々な思いが駆け巡り、一体どうしたらいいのか、思い気持ちが続いて、本当に悲しい毎日が始まります。

 

 

例えば、理由を聞きたくて、話し合いの場を設けようとしても、相手が話し合いに応じなかったり、「性格や家の習慣が合わないからだ!」なんて怒り出して、話を聞こうとも説明しようともしない場合、そんな一方的な離婚要求には応じてはいけません。

 

そんな場合は相手が浮気、不倫している可能性が大きいのです。

 

でも、そうなる前に、何かパートナーにいつもと違う行動が見られませんでしたか?

 


<%浮気調査は無料相談。なんでも相談できます%>

 

 浮気調査の必要性。タントくんがものすごく頼りになる理由はコチラ

浮気、不倫の前兆がありませんでしたか?

 

男性でも、女性でも、浮気や不倫を行う場合、必ずいつもと違う行動をとるようになります。

 

人とは面白いもので、浮気や不倫をする人は、誰でも必ず同じような行動をとるようになります。

 

今までにこんなことがありませんでしたか?

 


例えば男性では。。。

 

■急に仕事が忙しくなったように、毎週決まった曜日に残業があって深夜に帰宅するようになったり、飲み会で毎週帰りが遅い日があったり、そんなことが毎月続くようになって、だんだんと泊りがけの出張が増えたりして、週末なども家に居る時間が少なくなったけど、疲れている様子も見られない

 

■今までは仕事から帰ってもかばんを無造作に置きっぱなしにしたり、スマホも置きっぱなしで気にしていなかったのに、ある日を栄えに急にスマホを肌身離さず持ち歩くようになったり、トイレに行くにもスマホを持っていくなど隠し事があるように気にするようになって、かばんを触ろうとすると、ものすごく怒ったり、動揺したりするようになった。

 

■残業だと聞いていたけど帰宅が遅すぎたり、帰宅時に女性の香水や、石鹸の香りがしたり、帰宅すると脇目もふらずにお風呂に入りたがるようになったり、今まで香水なんて使った事がなかったのに急に香水を使うようになった。

 

■ファッションなんて気にした事がなかったのに、急にオシャレになって、服装や髪型に気を使うようになり、テレビの芸能ネタなどに詳しくなるなど、今までと会話の内容が変わり、どこで買ったのか、趣味の違うハンカチや、ネクタイなどを身につけるようになった。

 


例えば女性では。。。

 

■子供が家に居るにもかかわらず、外出して遅くまで帰宅しないことが増えた。理由は友達との飲み会や、友達の相談に載っているなどの理由で、それとなく早く帰るように注意しても、逆切れして、喧嘩になり、全く反省するつもりがなく、子供のこともほったらかしにしたり、ご飯も手抜きにすることが増えてきた。

 

■専業主婦で普段は家に居るはずなのに、日中家に電話しても何時間も留守にしていることが多くなってきた。携帯電話にも出なくなり、どこで何をしているのか聞こうとしても、買い物に行っていたとか、近所に散歩に行っていたとか話をはぐらかすばかり。そんな日に限って、ご飯が豪華だったり、優しい感じだったり、逆にものすごく不機嫌なときもあって理解できない。その時期と同時に毎日会社からの帰宅時間や出張などのスケジュールを細かく聞かれるようになった。

 

■思い当たる節が全く無いのに、浮気を疑われて、残業で遅い日などには必ず「浮気をしている」と言いがかりをつけられるようになった。話し合いを持とうとしても、何も聞こうとせず、「信用できなくなったから離婚したい」とか「浮気されて毎日気持ちが辛い」など意味のわからないことを言い出して、すぐにでも離婚したいという態度を取るようになった。

 

■仕事のことでは今まで一回も文句を言われた事がなく、仕事に専念してきたけど、家のことは妻にまかせっきりだったが、ある日を境に「何であなたと結婚したのかわからない。今は後悔している」と結婚したことに対して文句を言うようになった。今まで不満が無かった夜の営みも、風邪を引いたとか、疲れやすくなった、腰が痛いなどの理由で断られるようになり、体に障るのも嫌がるようになった。同時に、だれかとスマートフォンで頻繁に連絡を取っている姿を見かけるようになった。

 

 

 

浮気の前兆は必ずあります。男性の浮気は非常に見破りやすいと言われ、女性の浮気は見破ることが困難だと言われています。しかし、浮気をしている人には必ず同じような行動をとるようになりますので、上記のような行動が見られた場合、浮気をしている可能性が非常に高いのです。

浮気に気づいたらできるだけ早く対策を立てましょう。

 

パートナーの浮気に気がついたなら、まずあなたの気持ちを整理しなければなりません。

 

あなたが今後どうしたらいいのか、どのようにするのが一番良いのか、簡単にまとめると3つの選択肢があります。

 

1)離婚を前提に行動する。

 

2)復縁を前提に行動する。

 

3)離婚、復縁のどちらに転んでも自分が有利になるように行動する。

 

離婚、復縁、どちらに転んでも良いように対策すると言う3つの行動は結果が違うものではありますが、そこに至るまでにあなたがやらなければならないことは、実はすでに決まっているのです。

 

相手が浮気、不倫を行っていて、深刻な場合は、離婚を迫られることが多いので、一方的な離婚要求に応対する為には準備
が必用なのです。

 

真実を知る事が、あなたを守るための行動なのです。

浮気の可能性が高いなら、準備が必要です。

 

その準備とは、まずは真実を知り、証拠を掴むべき!ということなのです。

 

浮気の兆候が見られたからと言って、本当に浮気をしているのかはわかりません。まずは真実を知るということが大切なのです。

 

真実を知るためにあなたができることは、パートナーを観察し、記録をつけるという事です。

 

毎日パートナーの行動に関する日記をつけてみましょう。

 

○帰りは何時なのか

 

○何曜日に帰りが遅くなるのか。日中は何曜日の何時に電話に出ないのか。

 

○帰ってきたときにどんな臭いがしたのか。

 

○出かけるときの様子。持ち物、服装、髪型。

 

○出張の日程や、場所。

 

○帰りが遅いときの言い訳

 

などです。

 

このようなデータをしっかりと取っておくと、意外な共通点が見つかって、浮気がほぼ確定となる場合が多いのです。ただし浮気が
確定だと感じても、一方的な浮気要求に対抗するためには、あなたの武装が足りません。

 

あなたが、自分を守るために行う最終手段があります。

あなたが行うべき浮気離婚への対策、防御、攻撃

 

あなたが最終的に行うのは「浮気調査」です。

 

目的は、浮気調査をおこない、証拠を手に入れることです。

 

「浮気調査=離婚」という考え方が一般化しているかもしれませんが、それは正しくありません。

 

浮気調査は、真実を知るための方法。そして、浮気調査で得る事のできる証拠は、あなたを守るお守りでもあり、最終的にわがままな相手を攻撃できる手段でもあります。

 

相手が一方的に離婚裁判に持ち込もうとしたときには浮気調査の証拠があなたを守ります。

 

公的に、裁判などで浮気とされるのは、パートナーと浮気不倫相手の間に、肉体関係があったかのかが争点になります。この場合、肉体関係とは、不貞行為=SEXを意味しており、キスや、ハグ(抱きつく)、手をつなぐなどの行為は不貞行為には当たりません。

 

あくまでも、誰が見ても不貞行為が行われたと思われる、画像、動画、音声などの資料から判断されます。

 

真実を知ることは辛いことです。

 

パートナーが他の誰かと不貞行為を行っている事実を目の当たりにしなければなりません。

 

しかし、真実から目を背けることはできないのです。

 

まずあなたは、浮気調査で得た証拠を手に入れなければなりません。

 

それを、どのように使って行くのかはあなたが今後何を求めるかによって変わってきます。別の言い方をすれば、証拠さえ掴んでいれば、今後相手にどのような出方をされても、あなたは臨機応変に対応できるのです。

 

浮気の証拠を手に入れるということは、最強のお守りと、最強の爆撃弾の両方をあなたの手元に置くことになります。